冷え性に悩む女性の多くが、「足腰の冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)」に一番悩まされるのです。元々、身体の先端には血液が通いにくいのですが、特に足は重力に逆らって血液を心臓まで戻さなければならないので、血行が滞りやすい場所なのです。ですから、足を温めて血行を良くすることは、全身の血行を良くすることに繋がります。逆に言えば、足を温めることで冷え性改善が見込めるということになります。もちろん、入浴でも血行は改善しますが、全身をお湯に沈める入浴(お風呂に入るだけでなく、水や水蒸気を浴びて体を清潔に保つことをいうようです)では水圧が問題視される場合もあるのです。ですが、足のみを浸ける足湯ではそういった心配もありません。頭寒足熱という言葉がありますが、健康のためには頭を冷やし、足を温めることが重要と言われており、足湯(のぼせにくく、全身を温めることができます)はそういった面でも大変良い健康法といえます。足湯(体にかける負担が少ないうえに、血流の改善効果が期待できます)は足を温めることで血行を促すことにより、老廃物を流す働きもあるのですから、脚のむくみなどを解消する効果も見られるのです。また、足湯(のぼせにくく、全身を温めることができます)は一見、足のみを温めるように思われますが、足を温めて血行を良くすることによって全身の血行が良くなり、全身を温める効果があります。この為、足湯(のぼせにくく、全身を温めることができます)が冷え性に効果的と言われています。それに、冷え性の方は自律神経が乱れている傾向があるとされていますが、足湯には自律神経を正常に戻す効果もあると言われているのです。冷え性(生活習慣を改善することで治すことができるといわれています)には下半身を温めることが効果的とされていますから、半身浴(一時期ブームとなり、便利グッズも色々と開発されました)も大変効果的なのですが、半身浴より気軽に出来る足湯は、ぜひ冷え性改善に取り入れたいものですねー